MENU

LINEがマメじゃない彼氏との上手な付き合い方

大好きで付き合った彼のLINEがマメじゃなかった!という衝撃を隠せない人もいますよね。「せっかく付き合えたのに・・・」と嘆かずにいられないことでしょう。

 

女性は付き合ってからが始まりですから、そこから色んなやりとりをしたいものですよね。しかし、それとは逆で、男性は一度捕まえてしまえば手を抜く生き物です。手を抜かないまでも、それ以上手をかけようとはしない可能性が高いです。

 

もともとLINEがマメでない彼なら、なおさらです。努力してマメになろうなどと考えるわけもありません。中にはそのような男性もいるかもしれませんが、大抵はそのままを貫きます。

 

今回はLINEがマメじゃない彼との上手な付き合い方をご紹介していきます。これを読んで、楽しく良いお付き合いを進めていってくださいね。

 

1. LINEがダメならたくさん会う!

LINEがマメでないならば、たくさん会う時間を増やすというのが一つの手です。積極的に「会いたい」と伝えて、会って触れ合う時間を増やすことをおすすめします。

 

男性も大好きな彼女に会えれば嬉しいものですから、どんどんアプローチして関係を深めていけるといいですよね。LINEが少ない分、会ったときにたくさん触れ合う時間が貴重になっていくことでしょう。

 

デートも色んなところに出かけたり、いろんなプランを考えるのがとても楽しくなります。そのうち、LINEがマメでないことなどすっかり忘れてしまうかもしれませんよ。

 

2. LINEがなんだ!の精神になってみる

世の中「LINE、LINE」の嵐のようになっています。しかし、そんなにLINEが大切でしょうか。

 

もちろん、女性にとってはコミュニケーションツールであるため、LINEがとても大切なものに思えます。しかし、男性にとってはLINEはただの連絡手段。無いなら無いでも大丈夫なものなのです。

 

このことを知っていれば、「LINE、LINE!」という気持ちも落ち着いてくるのではないでしょうか?男性にとっては、LINEはそれほど重要なものではないことが多いということを頭に入れておいてくださいね。

 

3. LINEがしたいよと伝えてみる

それでもどうしてもLINEがしたい!と思うことがあるかもしれません。そんなときには彼に伝えてみましょう。素直に気持ちを伝えることで彼が変わる努力をしてくれるかもしれません。

 

例えば「もうちょっとLINEしたいんだけど、無理かな?」と可愛らしく控えめに伝えてみてはどうでしょうか。間違っても「LINEなんでくれないの!?」とイライラモード全開で言ってはいけません。

 

男性は感情をぶつけられると萎縮してしまって、言葉を返せなくなってしまいます。そうなると関係が上手くいかなくなることに繋がる可能性も出てくるのです。ですから、できるだけ感情的にならずに可愛らしく甘えるように伝えてみてくださいね。

 

4. マメでないことを受け入れる

彼がマメでないことを丸ごと受け入れてあげる器になることも、おすすめできることの一つです。あなた自身が大人になって、広い心でいてあげることで良い方向に向かうでしょう。

 

「どうして私が変わらなくちゃいけないの?」と思う人もいるかもしれません。しかし、大好きな彼のためですから、合わせてあげるのもそう難しいことではないでしょう。

 

要は、どちらかがどちらかのペースに合わせてあげることができれば問題は半分以上解決ということです。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。LINEがマメじゃない彼との上手な付き合い方をご紹介してまいりました。せっかく付き合った彼がマメな人でなかったら、ちょっとがっかりですよね。

 

しかし、がっかりして不安になるのはまだ早いのです。色々やれることはありますよ。いい方向に向かうように、前向きな気持ちで進んでいってくださいね。

 

もしかすると彼が変わるかもしれませんし、あなたが彼のために変われることもあるでしょう。二人で歩み寄って、素敵な関係を築いていってくださいね。

★1年以上の音信不通でも連絡が来ると評判★

このページの先頭へ