MENU

彼からの音信不通がつらいときの乗り越え方

大好きな彼から連絡が来なくなってしまったらつらいし、混乱してしまいますよね。とても不安になることでしょう。普段からあまりマメではないけれど音信不通になるのは初めてという人も、ちょくちょく音信不通になるという人も色々ですが、どちらにしても気持ちの良いものではありません。

 

そんな困った彼を持ったあなた、諦めるのはまだ早いです。音信不通になったとき、何がつらいかといえば、あなたの「心」なのですね。逆に言えば、「心」が楽であれば音信不通だろうがなんだろうが、関係ないわけです。

 

今回は「心」を少し整えることで、彼からの音信不通を乗り越える方法をご紹介いたします。

 

1. 音信不通なんだ、ただそれだけだと考える

音信不通というのはその言葉だけでも焦りや不安を感じられる言葉ですよね。しかし、実際には彼はただ単に忙しいだけかもしれませんし、なんとも思っていない可能性もあるわけです。

 

ただあなたの「心」が音信不通を「異常なもの、おかしいこと」と捉えるから、焦ったり不安になるわけです。ということはそれを捉えなおして、音信不通 = 大したことではないということにしてみてはどうでしょうか。

 

そうやって捉え方を見直してみるだけで、見え方が変わってきて心も楽になってきます。「ああ、ただの音信普通なんだな」と思えるようになるからです。

 

物事は捉え方次第、というところが多々ありますので、そうやって捉え方を正して整えていくことで楽に過ごすことができるようになりますよ。

 

2. マイナス思考になるときはぼーっとする

彼から音信普通にされてしまい、ついつい悪い方に考えてしまいますよね。「ああ、あたしのことなんてもう好きじゃないのかも」や「何かあったのかな?」などと悪い方へばかりぐるぐる悩んでしまうのです。

 

しかし、ストップです。それは「事実」でしょうか。それともただの「妄想」でしょうか。答えは「妄想」です。事実ではありません。このことをまずは理解してくださいね。

 

そして、「これは事実ではないんだ。」とわかったならば、ぼーっとしてみてください。一点を見つめて、体の力を抜いて、ただただぼーっとしてみるのです。そして、頭の中で数を1〜10まで数えることを繰り返します。

 

数を数えている間は、数のことだけに集中する感覚でいてください。それをしばらく続けていると、不思議なくらい楽になっていくのがわかりますよ。

 

これはマインドフルネスという方法の一種ですが、要するにぐるぐると考えて疲れてしまった脳みそを、休ませてあげて楽にするということなのです。脳みそが楽になれば、心もおのずと楽になっていきます。

 

音信不通にされて、ぐるぐるのマイナス思考で苦しい人は、ぜひ試してみてくださいね。

 

3. とりあえず寝てしまってリセットする

人間の心はショックを受けているときは休ませなければいけません。そのために、睡眠をとることをおすすめします。

 

時間がないときには、ほんの少しだけでもいいですので、睡眠をとってあげることで心を楽にすることができます。そうすることで彼の音信不通から来るショックが軽減されるのですね。

 

「寝たって彼から連絡がくるわけじゃない」と言わず、まずは脳みそ、そして心を休めてあげましょう。そうすれば、落ち着いた冷静な眼で事実だけを見ることができるようになります。

 

寝て起きたあとに「忙しいのかな」や「彼ならそのうち連絡くれるよね」という冷静な判断ができるようになっている可能性も少なくありませんよ。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。彼からの音信不通がつらいときの上手な乗り越え方をご紹介してきました。音信不通で弱っている心を労わってあげてください。決して、それ以上苦しめないであげてくださいね。

 

大切なのは音信不通になっている間、あなたの心の状態なのです。心が楽でいられれば、音信不通も怖くありません。心を楽に穏やかに保てるように心がけてみて下さいね。

★1年以上の音信不通でも連絡が来ると評判★

このページの先頭へ